ENGLISH

捕鯨論説・小説・絵本のサイト/クジラを食べたかったネコ

── 日本発の捕鯨問題情報サイト ──

南極の自然


南極の自然
南極の自然

■南極圏

 雪と氷に閉ざされた南極大陸は、面積が約1,360万平方km、平均の標高が2千m以上もあります。地上の大半は分厚い氷床に覆われ、最低で-60度以下になる極低温と、ときには秒速100mを越える内陸部からの強風、乾燥のために、陸上で暮らす生物はコケやダニ、クマムシなどごくわずかです。しかし、周辺の海域はプランクトンの繁茂しやすい条件のために豊かな生物相が見られます。南極大陸の周りでは、赤道から南下する海流が地球の自転や風の影響を受け、向きを変えることで、内側を半時計回り、その外側を時計回りに水が絶え間なくめぐっています。この流れにより、水温や塩分の不連続な境界ができあがるため、南極海の生きものには他の海域で見られない固有の種が多く含まれているのです。その中で、低緯度地方との橋渡しをしているのが、海鳥や長距離を回遊するクジラの仲間です。

■植物プランクトン

 南極海の生態系を支えているのが、珪藻を始めとする単細胞の藻類の仲間、植物プランクトンです。南極では海面近くの水温が低いため、深海からミネラルをたっぷり含んだ水が湧き上がってきます。この湧昇流によって、食物連鎖のピラミッドの底辺に位置する藻類が繁茂し、オキアミなどの餌となって、他の大型動物をも養っています。 また、南極の海氷にはアイスアルジーと呼ばれる藻類の群体が付着しています。ごくわずかな光で光合成を行うアイスアルジーは、日照時間の短い冬の南極海で動物たちの重要な食物源となっています。 成層圏のオゾン層破壊が進んだことで、南極の上空ではオゾンホールが出現していますが、海の表層に棲む藻類は紫外線にも弱く、影響が南極海の生態系全体に及ばないか懸念されます。

■オキアミ

 クジラをはじめ、アザラシ、ペンギン、海鳥、魚、イカなど、南極に住むたくさんの動物たちが餌として依存しているオキアミは、まさに南極の生態系の主役といえる生きものです。ナンキョクオキアミはエビに近い甲殻類の仲間の動物プランクトンですが、プランクトンといっても体長は6cmに達します。口の周辺に生えた細かい触手で植物プランクトンをかき集め、濾しとって食べています。成熟には2~4年かかり、寿命は最長で7年以上になります。海氷の周りにオキアミが密集してできる赤い帯の大きさは、ときに400平方km以上に達することもあります。その生物体量は全体で10~30億トンにも上るといわれています。しかし、冬の生態についてはよくわかっていません。そんな南極の野生動物たちの命を支えるオキアミですが、食用のほか養殖漁業用の餌としての需要から、オキアミ漁業が活発に繰り広げられています。一部の海域ではすでに乱獲による減少もみられ、CCAMLRによって監視が行われています。また、低温で分解の進まない南極の海で、船舶の事故による石油汚染でも起これば、オキアミの死滅により生態系全体に大きな被害が及ぶことも予想されます。

■無脊椎動物

 南極の海にはよく知られたクジラやペンギン以外にもたくさんの生きものが生息しています。イカ類はオキアミの捕食者であると同時に、マッコウクジラなどの歯クジラ類、ペンギンやアザラシなどの重要な食物となっています。海中を浮遊するクラゲやクシクラゲの仲間、海底を這って暮らすヒトデやウニ、ウミグモ、ゴカイの仲間などは、海中に漂ったり海底に降り積もった有機物を主に餌としています。これらの動物は、クジラやペンギン、魚など動物たちの糞や、プランクトンの死骸を片付ける、南極の海の〝掃除屋〟の役を引き受けているわけです。南極海の生態系は、陸上の森林などに比べて単純だといわれていますが、それでも数多くの種による複雑な網の目から成り立っていることには変わりありません。その生態系に欠かせない役割を担っているこれらの生きものたちは、低水温のために成長が遅く、いったん汚染などの影響を受ければ元通り回復するまでに多くの時間がかかるでしょう。

■魚類

 南極の海にはおよそ120種の魚が生息しており、その多くはノトセニア亜目と呼ばれるグループに属しています。また大半が南極付近にしかいない固有の種です。和名ではコオリウオ、コオリカマスなどとつけられています。海水温が氷点下になることもある南極の海で生きるため、これらの魚たちの血液の中には氷結を防ぐ特殊なタンパク質が含まれており、体が凍らない仕組みになっています。それらの種のうち、一部の種は漁獲対象とされています。とくにマゼランアイナメは、日本ではメロと称される高級魚としてもてはやされ、違法漁業を含む乱獲が国際的な問題になっています。南極に棲む海鳥やアザラシなど、多くの動物がこれらの魚に依存していることも忘れてはなりません。

■海鳥

 南極の海には、豊富なオキアミや魚やイカ類を目当てに多くの海鳥たちが訪れます。ペンギン以外の海鳥は夏の時季にだけ南極周辺にやってくる渡り鳥です。中にはキョクアジサシのように、北極と南極の間をはるばる約1万2千kmを往復する種もします。大型のナンキョクオオトウゾクカモメやオオフルマカモメはペンギンの卵や雛を餌にしています。全身真っ白な羽毛で覆われたミズナギドリの仲間のユキドリも、夏に南極にやってきて繁殖します。周辺の島々や沖合いでは、アホウドリやミズナギドリ、ウの仲間も見られます。これらの鳥たちも、南極の海の幸の恩恵にあずかっています。

■ペンギン

 飛べない鳥であるペンギンの仲間には18種が知られており、すべて南半球に生息しています。体長1mになるペンギン中最大のコウテイペンギンは、極寒の冬に大陸上で卵を産み育てる唯一の種です。アデリーペンギンなど3種は夏に大陸で集団営巣地を作って繁殖します。アデリーペンギンは一番分布が広く、南極周辺でも多く見られるペンギンです。その他のペンギンは南極周辺の島々に生息しています。ペンギンの仲間はクジラが海に進出したのと同じ4、5千万年前に他の鳥類から分かれ、海で魚を捕食するのに適した体に進化した一方で、飛翔する力を失ったと考えられています。陸上ではヨチヨチ歩きですが、水中では時速20kmものスピードで自在に泳ぎ回ります。

■鰭脚類

 完全な水中生活を営むクジラ類に対し、繁殖を陸上や氷上で行う半水棲の哺乳類であるアシカ・オットセイとアザラシをまとめたのが鰭脚類です。南極に住む鰭脚類の仲間には、個体数が多くオキアミの捕食者として占める比率の最も高いカニクイアザラシや、ペンギンや他のアザラシの幼獣も捕食する獰猛なヒョウアザラシ、アフリカゾウよりも大きなミナミゾウアザラシなど5種類のアザラシと、毛皮目的の捕獲で激減し奇跡的に回復したナンキョクオットセイがいます。現在では南半球での鰭脚類を対象にした毛皮猟は行われていませんが、海棲哺乳類全般に対して漁業の競合者として非難の矛先が向けられようとしています。

■ハクジラ

 クジラの仲間は口の中にひげを持つヒゲクジラ類と、イルカやマッコウクジラに代表される歯を持つハクジラ類に大別されます。南極付近では、イカを食べることで有名な大型のマッコウクジラのほか、近年個体数が比較的多いことが確認されたミナミツチクジラやミナミトックリクジラなどアカボウクジラの仲間数種が生息します。またイルカの仲間でも、体表の模様の美しいダンダラカマイルカなど数種が分布しています。アザラシやペンギンなどを捕食するシャチも、南極の海でよく見られるハクジラの仲間です。シャチはクジラの天敵としても知られていますが、南極の自然に突然押し入り、わずか1世紀の間にクジラ類の数を激減させた人間と異なり、クジラを食べる正当な資格の持ち主といえるでしょう。

■ヒゲクジラ

 南極付近に棲むヒゲクジラの仲間は、哺乳類界最大のシロナガスクジラを筆頭に、ナガスクジラ、イワシクジラ、ザトウクジラ、ミナミセミクジラ、そしてクロミンククジラ(ミナミミンククジラ)の6種類です。このうち前の5種類は20世紀中の捕鯨産業による乱獲が主因で大幅に生息数を減らしました。南半球のクジラ類は、バイオマス(生物体量)換算で商業捕鯨進出以前に比べ1/5にまで減少してしまったといわれます。そんな中、体が小さかったことから商業捕鯨最後のターゲットにされたクロミンククジラは、いま日本の調査捕鯨の対象となり、毎年数百頭の単位で殺され続けています。

自然科学系

社会科学系

旧JANJAN掲載記事

ページのトップへ戻る