ENGLISH

捕鯨論説・小説・絵本のサイト/クジラを食べたかったネコ

── 日本発の捕鯨問題情報サイト ──

(初出:2014/9)

ニュージーランド、ガボン、英国政府は、事実を歪曲し、信用を貶めたNHKと日本政府に厳重抗議を!!

 スロベニアで第65回IWC(国際捕鯨委員会)総会が開かれている最中、NHKの報道番組「ニュースウォッチ9」が、朝日吉田調書報道も色あせる驚くべき歪曲報道を行いました。曰く、「ニュージーランドの真の狙い=日本の国際的イメージの悪化」──。さらに、森下日本政府代表の「トロイの木馬」発言も。
 詳細は以下のリンクをご参照。

■NHK、ニュージーランドにケンカを売る
 http://togetter.com/li/720977
■捕鯨礼賛大本営放送NHKがニュージーランドに宣戦布告!?
 http://kkneko.sblo.jp/article/103745941.html

BPOに意見を送ろう!

 日本には、これらの国々と友好な関係を築きたいと願っているたくさんの市民──お友達やビジネスパートナーがおられる方も少なくないでしょう──がいるということを伝えるためにも、ぜひあなたの意見を送ってください!
 両国の市民の信頼関係を傷つけるNHKの卑劣な歪曲報道を断じて許してはなりません!
 下掲の筆者の意見はきっかり500字です。短くても、一言でもかまいません。フォームメールの他、電話、FAX、郵便も可。

<宛先>
放送番組への意見を送る|BPO 放送倫理・番組向上機構
 http://www.bpo.gr.jp/?page_id=1119

番組名:
放送局名:
放送日:
放送時間:
ニュースウォッチ9
NHK
2014/9/17
21:00~22:00
意見:
国際捕鯨委員会(IWC)総会を報じたニュースの中で、解説者が画面いっぱいに広がるキャプションを用いて「ニュージーランド真の狙い 日本の国際的イメージ悪化」と同国を非難した。日本を貶める意図のある国だと訴える内容で、相手国とその国民の信用を傷つける極めて悪質な報道だ。
日本の南極海調査捕鯨に対しては、これまで幾度も非難決議が繰り返され、春には国際司法裁判所(ICJ)で違法判決が下された。
第一、決議を遵守すれば何の問題もない。
また、ICJ判決文には、調査捕鯨を「ミンククジラ肉は刺身にすると美味く、安定供給が必要」と説明した本川水産庁長官の国会答弁も記録された。
国際的イメージの悪化を招いているのは日本の調査捕鯨そのものだ。
冒頭には釧路の沿岸調査捕鯨の映像が使われた。NZの決議は南極海での新計画を念頭に置いたもので直接関係ない。また、同国は「南極海から撤退すれば、日本の沿岸捕鯨提案も検討の余地がある」と会議で明言した。
同様に、番組が取り上げた森下政府代表の「トロイの木馬」発言も、ガボンと英国の信用を貶めるもの。
国内の多様な意見を取り上げず事実を捻じ曲げるNHKの偏向姿勢は目に余る。

同番組で、ガボンとイギリスの関係を「トロイの木馬」に喩えた日本政府代表のコメントが流された。二国間関係の比喩として最も不適切な、「戦争・侵略」のニュアンスを含む語句である。
一方で、「正念場迎える調査捕鯨」(NHK NEWSWEB,9/24)の解説中では、会議を取材した経済部記者が「日本が、時にはODAなども活用しながら理解を求めてきた」と伝えている。
9/25にも会計検査院が5千万円の無駄を公表したが、最も政治色の濃い援助である水産ODAの杜撰さについては長年指摘され続けてきた。援助を用いたIWCでの日本の勧奨活動についても内外で再三批判を浴びている。
NHKは背景の検証を何一つ行わないまま、扇情的な語句で他国の協調関係を非難する発言のみを報じた。それも「日本がODAを活用してきた」事実を知りながら。
かくも公平性と国際感覚の欠如した報道番組は前代未聞だ。
北朝鮮国営放送を彷彿とさせる一方的な報道は、NZに対する表現「真の狙い 日本の国際的イメージ悪化」と同様、外交に重大な悪影響を及ぼしかねない。
なぜ日本の援助外交を知りつつ「トロイの木馬」発言のみを報じたのか。徹底検証を求める。
ページのトップへ戻る